過去の政治・経済・機械・美容などの情報を書いています。
by kenseiren
カテゴリ
全体
過去の経済・政治等
化粧品・ダイエット・美容
ファッション・流行
未分類
海運業界のこと
海運業界では日本を経由しない三国間輸送が増えるに伴い、グローバルな営業強化の重要性が増しており、「本社がやらなければならない部分をのぞくと、できる限り現地化している」(商船三井)といった傾向が強まっている。
 例えば川崎汽船の場合、現在の海外企業との取引がかんり多く占める。「投資案件など最終的な重要事項の意思決定は本社が行っている」(同)が、グループ全体で約8000人の現地法人の従業員のうち、日本からの幹部派遣以外に現地で幹部候補を採用している。また、日本郵船も「進出国で現地法人トップを含め、現地従業員の部長クラス以上の登用が増えている」という。
[PR]
by kenseiren | 2013-09-20 07:51 | 過去の経済・政治等
<< 世界で通用する人材育成戦略 人材活用・仕事のグローバル化 >>


以前の記事
フォロー中のブログ
最新の記事
家電企業の成長
at 2013-11-16 13:33
インフラM&A
at 2013-11-09 23:33
省エネ設備の後押し
at 2013-11-03 14:04
個々の事業に競合相手
at 2013-10-31 17:27
省エネ設備の導入や更新
at 2013-10-25 23:04
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
外部リンク
ブログジャンル
画像一覧